TanTanサーフ

休日の午後ゆっくりと波乗りに出かける

 

何処へ向かうかは長年の感が便り

 

でもエクセレントな波は求めちゃいない

 

気持よく漂えればそれで良し

 

時々自分の所に来た波に乗らせてもらう

 

その中にグライド感が味わえた一本があれば極満足

 

そして、しばし海に浮かんだらスーッと去っていく

 

これ「淡々サーフィン」と言う

淡々サーフボードはシングルフィンでなければならない・・気持ち良いビーチが点在する南房総は楽園です

ページ冒頭へ戻る