信州・蓼科高原の風

猛暑です。

が、私の部屋にはエアコンがありません。

いまどきのマンションならダイソンという選択肢もあるでしょうが、扇風機がゆっくり首を振っている風情が好きな私。

でも、機能性もあり佇まいもイイとなると限られます。

 

7枚羽根が信州・蓼科高原の風を再現したというこの扇風機。佇まいもナカナカなのです。

ポール部はウォールナット製、台座は漆黒を模し磁器のような質感。

 

そんな自慢の扇風機(笑)で夏を乗り切ろうとする私です。

べっ甲調の7枚羽根は実際に蓼科の風を計測し開発したそう。確かに当たりが滑らかな風です。
細かいディテールにもこだわりが。操作部はタッチ式で艶っぽい質感。

何より海辺に暮らす者の特権は、窓を開けて寝ると南風が心地良い涼しさを運んでくれる事。

ユウくん

小さく生まれたユウくん、NICUの保育器で50日余りを過ごし体重も3000gを超えやっと退院出来ました。

 

今、ママと実家に帰って来ています。

 

ユウくんの毎日は、泣いて、オッパイを飲み、眠ります。

 

ひたむきに只その繰り返し、シンプルライフの極致。

 

その存在だけで周囲を幸せにしてくれます。

癒しの極致。でも24時間体制のママは大変です。

ジローさんとキューバ

「白洲次郎」「キューバへ」というタイトルに惹かれ買った久し振りの男性誌。

 

「プリンシプルを持って生きていれば、人生に迷うことは無い。

プリンシプルに沿って突き進んで行けばいいからだ。

そこには後悔も無いだろう」と次郎さん。

鶴川の武相荘にも行かねばならない。次郎さんのワードローブを着たそっくりのモデルにも注目。

そして、もう一つのキューバ特集は7年前のキューバ旅行を思い起こさせた。

何故なら見事に私達の行程と重なっていたから。

それはキューバ旅行の王道なのだろう。

人生の思い出となった旅だった。

バー「フロリディータ」でフローズン・ダイキリを味わった。カウンターで憧れのヘミングウェイと対面!?
ハバナ旧市街にて。カミさん,やけにキューバの空気に馴染んでました。 (2011年のブログ参照)

ページ冒頭へ戻る