キューバ後遺症

「どーでも良くなっちゃいました!」と、キューバから帰って来たホマレさんが言った。

そう、あの国の人々は愛と音楽が全てだから・・と思った。

 

南房総の片隅でカフェを長く続けていると感性を共有できる方達に遭遇する。

そして何故だか50代の方が多い。

ホマレさんは、さいたま市でヘアサロンを展開されている融通無碍な感性の方。

今回の旅ではハバナ旧市街のCASA(民宿)に泊まり、地元っ子の行く床屋で髪を切り、観光客の来ないバーでモヒートを飲んだりとディープなキューバ旅だったらしい。CASAの周りの家々は窓もドアも開けっ放しで朝から音楽が聞こえてくる。日本なら近所迷惑なところだが音楽が聴けるのはラッキーだからと逆に喜ぶ人々の住む国・・

ホマレさんの「僕、プライドが無いんでどこでも入っていけるんです!」って言葉が私の胸に刺さった。

 

皆さん、キューバに行くなら少しでも早いほうがイイですよ!

でもホマレさんみたいに帰ってから後遺症に悩むんですがね・・

ハバナカットがお似合いのホマレさん。キューバはトリニダーの珈琲豆、カミさんの崇拝するゲバラのポスター、私の好きなコイーバのシガーをお土産に頂く。
キューバ旅行用にネイルスタッフさんに描いてもらったというゲバラとキューバ国旗。これを見せて「オラ!」と挨拶すればハバナっ子とはすぐ仲良くなれたそう。洒落っ気に溢れる人です!
私のヒュミドールに収まった右側の4本のコイーバのピラミデ・エクストラは高価なもの。特別な日に味わいたいと思います。
千倉に来るとお袋に会いに「デイズギャラリー」にも寄ってくれる心優しきホマレさん。

おじいさんのワルツ

このところ「STAN GETZ & BILL EVANS」というアルバムの「Grandfather’s Waltz」にハマって毎晩のように聴いている。

普段は心落ち着くスローなピアノ系ジャズが中心だが、時にはテナーサックスのスウィング感ある曲もイイ!

十代で初めて買ったジャズのレコードはソニー・ロリンズ。「セント・トーマス」って乾いたノリの曲が好きだったから。

 

「Grandfather’s Waltz」は、このアルバムに違うバージョンで2曲入っているので聴き比べると楽しい。

昨日は1曲目のバージョンが気に入っていたのに今日は2曲目の方が良くなったり・・

そして知らぬ間に体が揺れている自分がいる。

 

春はすぐそこ。心躍る「おじいさんのワルツ」を聴いて欲しいな!

このアルバムはスタン・ゲッツがメイン。スタンダードジャズって時代が変わっても全く色褪せないよね。
家に帰ってお酒を飲みながら1時間は音楽を聴く毎日。

ページ冒頭へ戻る