Go To 北の国(2)

倉本 聰さんは50代以上のオヤジ達が観れるTVドラマを書ける稀有な作家。

富良野が舞台の「北の国から」は名作だが「優しい時間」も忘れられない。

倉本さん、いつも登場人物一人一人の細かい履歴書を書くらしいですね。その人物の生い立ちから今に至るまで。見えない部分とか向こう側にあるものを大切にするんですね。

定年後に母親の故郷、富良野で喫茶店を開業した訳ありの中年の男(寺尾 聡)をテーマにしたドラマでしたが、その喫茶店「森の時計」はお客が自らコーヒーミルで豆を挽く店だった。

 

その舞台となった喫茶店が富良野プリンスホテルの敷地内にありました。
残念ながらカウンター席はコロナ対策で座れませんが、我々もコーヒーミルでゴリゴリ豆を挽いて美味しく頂きました。

ホテル敷地内の森には可愛いクラフトショップが点在する「ニングルテラス」があり、お目当ての「森の時計」もその中にありました。

Go Toなので最初で最後のスイートルームを。

二日目はワイン工房、カンパーナ六花亭に寄ってからユウくんを連れて行きたかった旭山動物園に。

カンパーナ六花亭は広大なぶどう畑の中に美術館、ジンギスカン店(白樺)、六花亭が点在する素晴らしい環境の施設。オススメです。
旭山動物園では、生キリンの大きさに驚いたり・・
ガラス越しにトラとハグしたり・・
朝の便で出かけ、夜の便で帰ると1泊2日でも結構充実した旅が楽しめますね。

頑張って仕事して、たまに家族とか夫婦で旅行に行けたらサイコーですね。

今回、富良野・美瑛に来て感じた言葉が「Landscape」でした。

Go To 北の国

秋の美瑛・富良野に家族で行ってきました。

旭川空港は雨、降水率80%でしたが車で走り始めると晴れ男マジックが・・北の国は丘陵地の景観が素晴らしい。
富田ファームはラベンダーに代わりサルビアがキレイに咲いていた。美瑛・富良野は風景を創る人の街なのかも。

美瑛では染物作家の菊池昌子さんをお訪ねしました。

昌子さんは墨染めでモダンな作品を作られている方で4月〜10月は爽やかな美瑛で、11月〜3月は温暖な南房総とベストシーズンでの2拠点生活を楽しまれている何とも羨ましい自遊人。

昌子さんのお宅でお茶を頂きながら美味しいお店や見所をいろいろ教えて頂きました。
創作をしたり、目の前の絶景を眺めたりしながら暮らしているのだそう・・憧れます

その昌子さんのお誘いでランチに「北の住まい設計社」へ向かいました。

「北の住まい設計社」は森の中に家具工房・レストラン&デリカ・生活用品などいくつかのショップが点在する北欧テイストの素敵な空間です。
1階は生活用品・衣料、2階は家具のショップです。
レストラン&カフェ棟でランチを頂きました。美味しいパンやジャムも売っていました。
北の国のこんな素敵な場所に案内してもらい昌子さんありがとうございました。近いうち南房総でお会いしましょう!

ページ冒頭へ戻る