小さな奇跡

私の憧れの店「ハリーズバー」では、毎夜小さな奇跡が起きるという。5日の15周年のラテンライブはまさにそんな感じだった。

いろいろなファクターがひとつにぎゅーっと凝縮した感じ。天気、飲食、音楽、そして人。

たくさんのお客様に来ていただいたので、サンセットガーデンパーティー風にして飲食を楽しんでいただいた。外にもスピーカーとスクリーンをセットしたので心地よい風に吹かれながら聞いていた方々も少なくなかった。

私はと言えば、演奏のすばらしさに主催者ながら我を忘れて踊りまくってしまいました。

大好きなグロリアやオマーラの曲が次々と演奏され、キューバ時間を体験できた夜となった。 special thanks:ハウスギア様 ヘルスフリーダム様 コア様
大好きなグロリアやオマーラの曲が次々と演奏され、キューバ時間を体験できた夜となった。
special thanks:ハウスギア様 ヘルスフリーダム様 コア様

黄昏派

決って休日の夕暮れ時は、自分の部屋の明かりをつけずに過ごす。いつもより少し早めのお酒を飲みながら。

家族は暗い部屋で一人居る私を不審がるが、宵から闇に変化していく空の光景を楽しんでいるにすぎない。

少しずつ暗くなり、それにつれて少しずつ灯りをつけていく家々。一度に家の中を明るくしてしまったらもったいない。昔行ったカーメルの街はそうだった。
少しずつ暗くなり、それにつれて少しずつ灯りをつけていく家々。一度に家の中を明るくしてしまったらもったいない。昔行ったカーメルの街はそうだった。

夏の終わりのカフェ巡り

いろいろな土地に、いろいろなカフェがある。地方の気になるカフェを訪れるのが夏の終わりの楽しみになっている。……カフェは旅の目的になり得る……

昨年は、益子とひたちなか市。その前は結城と鹿沼、当然黒磯も入ってくる。今年は、さいたま市と群馬の桐生だった。カフェ好き、コーヒー好きなら店の名はわかるはず。

それにしても千倉はこの10年で随分カフェが増えた。旅人がカフェ巡りをしてくれる町になったら素敵だと思う。

コーヒーの味やインテリアはもちろん、そこに流れている空気感が大切。それは積み重ね、堆積の結晶。
コーヒーの味やインテリアはもちろん、そこに流れている空気感が大切。それは積み重ね、堆積の結晶。

剣先グラス

大正時代から昭和初期にかけて生産された「剣先グラス」と言うコップがある。気泡が入り、少しゆがんだフォルムが好きで骨董市などで出会うたびに買ってしまう。カット面が剣の先の形に似ているため名前がついたらしい。お酒はほぼ毎晩飲むが、ワイン・燗酒以外はこのグラスの出番が多い。

陶磁器もそうだが、どこか不完全なところに結構魅力を感じてしまう。
陶磁器もそうだが、どこか不完全なところに結構魅力を感じてしまう。

サマーピンク

最近、ピンクフリークの女性から「きれいなピンクの花が咲いている木を時々見かける」と聞いた。話の様子から「さるすべり」の木だとピンと来た。

名前のとおり落葉した姿はツルツルの木肌になってしまいちょっと寂しいが、夏は花が満開になり見ごたえ充分となる。私は勝手にこの花を「サマーピンク」と呼んでいる。

自宅の「さるすべり」。風に乗って花びらがいっぱい部屋に飛んでくる。
自宅の「さるすべり」。風に乗って花びらがいっぱい部屋に飛んでくる。

文人ライフ

文人と言われる人達がいた。中国の明、清の時代の粋人達だ。文人は音楽、芸術、造園、インテリア、喫茶と幅広い趣味、いやそれが人生のテーマのごとく日常を美しく暮らしていた。今で言うスローライフだ。

彼らは文房と呼ばれる部屋で、書をたしなみ庭を眺め喫茶を愛した。その時代の書聖で「八大山人」は私の好きな書家の一人。

日本でも私の憧れる文人が数多くいる。時代はさまざまだが吉田兼好、鴨長明、池大雅、そして北大路魯山人など。

気ぜわしく日々が過ぎてゆく今を生きていると、ますます文人ライフに憧れが強くなる一方だ。

ツレズレナルママニ、簡素に、私らしく生きれたら無上の幸せ。
ツレズレナルママニ、簡素に、私らしく生きれたら無上の幸せ。

LIVE!

サンドカフェ15周年を記念して、日本のラテンミュージックを代表するメンバーのスペシャルユニットによるラテンのライブを行います。

9月5日(土):open 4:30pm(start 5:30pm)
前売り:5000円(当日6000円)1drink&some foods
出演:須永アリサ(vocal)
奥山 勝(piano)
高橋ゲタ夫(bass)
田中倫明(percussion)
定員:35名様
※チケット、ご予約はサンドカフェまで(0470-44-5255)
※当日、カフェの営業はお休みさせていただきます。

友人がブラジル風バーベキューを振舞ってくれるそうです。また鹿児島の地ビールを提供してくださるご夫妻もいて、食の楽しみも加わりそうです。飲んで食べて踊って……
友人がブラジル風バーベキューを振舞ってくれるそうです。また鹿児島の地ビールを提供してくださるご夫妻もいて、食の楽しみも加わりそうです。飲んで食べて踊って……

15周年企画(LIVEのお知らせ)

大好きなラテンのライブを企画しました。10周年のライブ以来5年ぶりです。

日本のラテンミュージックを代表する4名が、千倉に集結します。

9月5日(土)夕方スタートで会費は5000円(定員35名前後)の予定です。詳しい内容は近日アップします。お楽しみに……

残暑のさなかモヒートでもあおりながら楽しんでください。
残暑のさなかモヒートでもあおりながら楽しんでください。

愛用品

日々の暮らしの中で、いつも愛用している品物が誰にでもあると思う。私の中ではこの3種。

左は、フランス ラギオールのワインオープナー。作りがとてもしっかりしている。近所のワインバーのマスターに取り寄せてもらい9年ほど使っている。

真ん中は、コーヒーと同じくらい好きなシガーのカッター。ミラノのナポレオン通りにあるG.ロレンツィという男の趣味性の強い日用品の名店で買った。とても切れ味が良く気に入っている。

アンティークのオイルライターは、ダンヒルの60年以上前の物。アメリカのオイルライターより油がすごく長持ちする。周りに革を巻いてあるので冬でも手に冷たくない。

3種とも金属と天然素材(動物の角や革)の組み合わせだ。

本当に気に入ったクオリティーの高いものを、長く修理しながら使い込みたいと思う。
本当に気に入ったクオリティーの高いものを、長く修理しながら使い込みたいと思う。

茶庭風

自室の前が小さな茶庭風になっている。鋸山の貝の化石を二つ重ねて石塔を作った。下が巻貝、上は大きめの二枚貝。隣に蹲、大きな甕にはメダカを飼っている。

京都の町屋にある小さな中庭は簡素で好きだが、この露地にもなっていない勝手な庭を毎日眺めて楽しんでいる

50も過ぎたし、そろそろお茶の世界に接近したいと思うのだが。
50も過ぎたし、そろそろお茶の世界に接近したいと思うのだが。

OFF

近所に外人向けのコテージが出来てから、外人のファミリーやカップルがカフェに寄ってくれる。彼らはサイクリングやビーチを散歩したりしてリラックスして過ごす。誰かが言っていた「自然の中にいることが幸せなんだ」、と実にシンプル。

「じゃあ雨の日は何してるの」と聞いた。「ワインでも飲みながら、ベランダで読書する」と言う。コテージの周囲の木々を感じながら。

スイッチは完全にOFFなようだ。

サンドカフェの下のビーチ。子供のころよく親父と黒鯛釣りや浜ボウフウを採りに来た。カニの化石もたくさん落ちていて、夏休みの宿題の標本を作ったりした。
サンドカフェの下のビーチ。子供のころよく親父と黒鯛釣りや浜ボウフウを採りに来た。カニの化石もたくさん落ちていて、夏休みの宿題の標本を作ったりした。

STOKED

ロングボードに座り、波を待ちながら漂っているとカタルシスを感じる。

テイクオフして波の上をグライドしているとストークする。

波乗りは私をリセットしてくれる。

波と対話するように乗れることが私の究極。
波と対話するように乗れることが私の究極。

ノスタルジア

はじめて来たのに懐かしい場所や風景がある。そんな所にはもう一度訪れてみたくなる。

ヘミングウェイやデュークカハナモクはもちろん、名も無い漁師の古い写真などを壁一面に配してノスタルジックな雰囲気を。
ヘミングウェイやデュークカハナモクはもちろん、名も無い漁師の古い写真などを壁一面に配してノスタルジックな雰囲気を。

ケルテスのフォーク

モノクロームの写真は、インテリアとしてもとても洒落ている。一点だけでもいいし、壁一面に飾っても面白い。

19世紀の終わりにハンガリーで生まれたケルテス。皿とフォークの写真は1920年代パリで撮影された。
19世紀の終わりにハンガリーで生まれたケルテス。皿とフォークの写真は1920年代パリで撮影された。

モノクローム モノローグ

カルティエ・ブレッソン、エドワード・ウェストン、ウォーカー・エバンス、セシル・ビートン、J.H.ラルティーグ、植田正治など好きな写真集をひまがあるとめくっている。なかでもアンドレ・ケルテスは、地味だけれどシンプルで味わい深い作品が多く、特にパリ時代の皿とフォークだけの写真は記憶に深く残像が残っている。

自室に写真集を並べて、私設ギャラリー風に。
自室に写真集を並べて、私設ギャラリー風に。

ページ冒頭へ戻る